無料IT研修

【就職率/求人数など】ProEngineerの実績がスゴい

プロエンジニアで就職

ProEngineerのITスクールとしての”実績”というのは、サービスを利用するかしないか決めるときの大切な要素の一つですよね。

というわけで本記事では、利用者から見て判断に役立ちそうなProEngineer(プロエンジニア)のプログラマカレッジ、エンジニアカレッジの実績を、数字で簡潔にまとめています。

これだけ充実していて無料で利用できてしまうとは、とても良くできたサービスだと驚かざるを得ません

🔻公式サイトへ

≫ プログラマカレッジを見る

≫ エンジニアカレッジを見る

就職率

98%

ちなみに僕の同期は27名いて、一人も辞めませんでした。僕の期に限れば100%就職できたということになりますね。

受講者の文系理系の割合

文系9割 / 理系1割

文系でコンピュータ系が全く分からない方でも正社員としてエンジニアになれている実績を意味します。

未経験を前提とした研修なので、安心してください。

取引企業/求人数

2200社 / 3000件以上

「厳しい審査を通った優良企業のみ紹介」というのがプロエンジニアの最大の売り!

ブラック企業をフィルターしているので安心して就活ができます。

IT研修の種類

2種類

  1. プログラマ養成コース(プログラマカレッジ)
  2. サーバ系インフラエンジニア養成コース(エンジニアカレッジ)

プログラマ、インフラエンジニア、どちらにもなれる選択肢があるのがプロエンジニア/ProEngineerの強いところです。

プログラマカレッジの詳細は以下記事をご覧ください。

プログラミング研修
【実践的】プログラマカレッジの研修内容【まとめ】「プログラマカレッジ」というプロエンジニア/ProEngineerの無料プログラミング研修。 実際に受講した僕の体験を元に研修内容をくわしく。未経験からプログラマとして就職するならプログラマカレッジのカリキュラムの信頼性が抜群です!...

エンジニアカレッジの詳細は以下記事をご覧ください。

未経験からネットワークエンジニア
エンジニアカレッジの研修内容を詳しく解説ProEngineer(プロエンジニア)では「エンジニアカレッジ」という無料のITスクールを開講しています。 Linuxサーバを構築する研修を受け全くの未経験からサーバ系インフラエンジニアとして就職することを目的とした講座です。...

受講形式種類

3種類

  1. 平日5日間コース
  2. 週3夜間コース ※プログラマカレッジのみ
  3. 通学個別研修コース
  4. Skype個別研修コース ※エンジニアカレッジのみ

平日ずっと時間の空いている方はもちろん、働きながらでも受講することができます。

①の平日5日間コースは人気が高いので、申し込みが遅れてしまうと定員オーバーとなり、1ヵ月以上も受講空き待ちとなることがあるため早めに説明会に参加し予約をしましょう

各受講形式の詳細については以下の記事をご覧ください。

プログラマカレッジの通学形式
【受講形式】プログラマカレッジは3種類/あなたに合うコースはどれ?プログラマカレッジには「平日5日間コース」「週3夜間コース」「個別研修」の3種類の受講形式があります。平日働きながらでも、週3夜間コースか個別研修で受講可能。受講形式によって期間や研修場所、学習内容が異なる点に注意しましょう。どの時間があなたに合うか、参考にしてください!...
エンジニアカレッジの通学形式
【受講形式】エンジニアカレッジは3種類。特徴を詳しく解説エンジニアカレッジには「平日5日間コース」「個別研修コース」「Skype個別研修」の3種類の受講形式があります。平日働きながらでも、個別研修コースで受講可能。受講形式によって期間や研修場所、学習内容が異なる点に注意しましょう。...

受講料金

0円

追加料金が一切なく、途中辞退による違約金もありません。

途中辞退により違約金が発生するスクールもある中で、何のペナルティがないのはとても良心的ですね。

資格取得補助金(エンジニアカレッジのみ)

受験料全額補助
※LPIC(エルピック)の資格受験料 16,200円 ※2018年11月時点の価格

特筆すべき点

  1. プログラマカレッジ、エンジニアカレッジの2種類から選べる
  2. 充実したIT研修がある
  3. 個人のライフスタイルに合わせた3つの受講形式が選択できる
  4. 完全無料であり、資格補助金まで支給される

この4点の合わせ技で、プロエンジニア/ProEngineerのプログラマカレッジ、エンジニアカレッジが他社の類似ITスクールサービスを圧倒しています。

以下リンクより登録することで、無料体験や無料見学、無料説明会など受講前に実際の雰囲気を知るための機会を設けてくれます。

何となくで迷っている方は、今すぐ行動してみることで、モヤが晴れるかもしれません。

▼定員がオーバーしてしまう前に

無料登録⇒プログラマカレッジ

無料登録⇒エンジニアカレッジ

もっと知ろう!
カレッジ受講までの流れ 無料IT研修

カレッジ無料登録後の流れは?参加可能な無料●●会の種類【総まとめ】

8月 31, 2018
プロエンジニア/ProEngineer!評判の無料ITスクール徹底解説【決定版】
僕はProEngineerが開催するプログラマカレッジ/エンジニアカレッジに関する無料説明会と無料プログラミング体験、どちらも参加してみたこ …