無料IT研修

エンジニアカレッジの研修内容を詳しく解説

未経験からネットワークエンジニア

ProEngineer(プロエンジニア)では「エンジニアカレッジ」という無料のITスクールを開講しています。

名前からは分かりづらいですが、全くの未経験からLinux(リナックス)サーバを構築しながら学習し「サーバ系インフラエンジニア」として就職することを目的とした講座です。

※「プログラマカレッジ」と何が違うの?という方はまずは以下の記事からどうぞ

プログラマカレッジとエンジニアカレッジの違い
プログラマカレッジとエンジニアカレッジの違いは?「プログラマカレッジ」と「エンジニアカレッジ」の2つのIT研修サービスがどう違うのか?を簡潔にまとめています。公式サイトですら似通っていて未経験の方には難しいのではないかと感じたためです。特にこの2つを混同して書いているサイトには注意しましょう。...

年間300名以上ものITエンジニアを育成して就職まで実現させている実績があります。

以降、エンジニアカレッジのIT研修を受講するとこんなサービスが無料で受けられる、という部分にフォーカスして説明します。

🔻エンジニアカレッジ

≫ まず公式サイトを見てみる

エンジニアカレッジの受講形式は3種類

下の3コースの中から自分のスケジュールなどに合わせて選択可能です。

  1. 平日5日間コース
  2. 通学個別研修コース(マンツーマン)
  3. Skype個別研修(マンツーマン)

サーバ研修の受講期間は1~3ヵ月間で、受講形式によって異なります。
受講形式の違いや特徴は以下の記事でまとめています。

エンジニアカレッジの通学形式
【受講形式】エンジニアカレッジは3種類。特徴を詳しく解説エンジニアカレッジには「平日5日間コース」「個別研修コース」「Skype個別研修」の3種類の受講形式があります。平日働きながらでも、個別研修コースで受講可能。受講形式によって期間や研修場所、学習内容が異なる点に注意しましょう。...

エンジニアカレッジの研修場所は?

講形式によって研修を受ける場所が異なります。以下にまとめています。

平日5日間コース

池尻 研修センター

最寄り駅:
「池尻大橋」駅 徒歩10分(田園都市線)
「三軒茶屋」駅 徒歩11分(田園都市線)

通学個別研修

霞が関 虎ノ門 インターノウス本社
※2019年1月に移転

最寄り駅:
「霞ケ関」駅 徒歩4分(千代田線/日比谷線)
「神谷町」駅 徒歩2分(日比谷線)
「六本木一丁目」駅 徒歩6分(南北線)

※Skype個別研修コースは、自宅から受講

エンジニアカレッジの研修内容

  1. Linux(リナックス)サーバについて学べる
  2. 色々な役割のサーバ構築まで経験できる(未経験者には重要)
  3. もちろん実機を触れる!

Linuxサーバに関する学習

Linuxサーバ構築が出来るようになることがゴールとなる研修です。

まずは、講師さんによる授業がベースでカリキュラムは進んでいきます。

扱うサーバはLinux(リナックス)というOSがメインとなります。聞いたことがない人も多いかもしれませんね。

僕もインフラエンジニアになる前まではパソコンのOS=Windowsぐらいしか知りませんでした。

WindowsやMacのマウスによる画面操作に慣れている人には、Linuxではお馴染みの真っ黒い文字列だけの画面操作に慣れるまで相当な違和感があると思います。

Macでいうと、以下のようにコマンドでパソコン操作をする「ターミナル」というアプリケーションがあります(Windowsだとコマンドプロンプトがありますね)。

エンジニアカレッジの研修内容Macのターミナル。文字列(コマンド)で操作する

Linuxサーバでも同様にこのような「コマンドラインインターフェース」と呼ばれる文字列のみの画面にコマンドを打ち込んで設定をしていきます。

最初はものすごい違和感があって難しく感じるかもしれませんが所詮は慣れの問題。1ヶ月も使い続ける頃には「あ、なんかこれエンジニアっぽい!」とすぐに実感できることでしょう。

実際、このいかにもエンジニアチックな黒い文字列画面をスマートにいじくることに憧れる人も多いです

色々な役割を持つサーバを実際に構築

業で習うことをもとに、実際に以下役割を持つサーバを構築します。

研修で構築するサーバ

普段、僕らがインターネットを通じてWebサイト閲覧やメール送信ができるのは、全てこれらのサーバがどこかに存在して動き続けていてくれるからこそ。

特にDNSサーバはインターネットの仕組みの”核”と言ってもよいほど重要なものです(普通に生活していてまず聞くことがない名前だと思いますが)。

そして、この「サーバ構築の経験を研修で積める」というのはあなたの今後のキャリアにとってとても重要なことです。

座学だけでなく実機構築まで経験することで下流工程の「運用監視」ではなくインフラエンジニアとして花形である上流工程の「設計構築」業務から入れる可能性が高まります

サーバ実機を触って操作できる

インフラエンジニアは、勉強のために自分で自宅に物理的なサーバの実機環境を準備することがとても難しいです。

サーバは一般的にとても高価ですし重かったりデカかったりするからです。1万や2万では済まない価格です。。。

エンジニアカレッジの研修内容検証用に使ったサーバを撮影。
エンジニアカレッジのLinuxサーバ研修これでも非常に小さい方です。

こんな高価な機器を自分でそろえるのは、ほんっとうに大変。

その手間なく、物理環境を全てエンジニアカレッジ側で準備してくれるのはまたとないチャンスです。

🔻公式サイトへ

≫ 無料でまずは登録してみる

エンジニアカレッジの研修の特徴

授業5割、実践形式5割

サーバのコマンドや設定は、プログラミングと異なりある程度の「型」が決まっています。

プログラミングの場合は10人いれば10通りの自由な記述が可能ですが、サーバの場合はOSによってコマンドが固定であり、その中から選択して「〇〇機能を有効/無効にする」といった具合なので人によるブレが少なくなります。

暗記で対応できる部分が多いのでプログラマカレッジよりも授業の比率が少し高くなっています

講師さんたちによる授業は、集中して勉強するためのペースメーカーとなります。

自習形式だとなかなかやる気が起きずに時間を無駄にしてしまう恐れがありますが、授業があればどうしてもやらざるを得ない、良い意味で「学習の強制」を自分に課すことができるので。

資格取得で受験料全額免除

エンジニアカレッジの大きなメリットの一つがこれ。

エンジニアカレッジは資格も無料

Linux(リナックス)というサーバOSに関する「LPIC」(エルピック)という資格があります。

希望者はエンジニアカレッジ受講期間中にこの資格を取得することで、インターノウス社が受験料を全額負担してくれるという太っ腹システム

LPICは「LPIC 101」「 LPIC 102」 の2つの試験に合格してようやくLPICレベル1という資格認定がされます。

そしてなんと、LPIC101, 102の受験料はそれぞれ16,200円ととても高額なのです。

101も102も取得することで、最大32,400円もの費用を負担してくれるんですね。

エンジニアカレッジ自体が無料なのにさらに受験料を全額負担してくれるなんて、結果的に無料どころかむしろ受講者側がお金をもらっているようなものですよね。

就職活動を振り返ると、LPICの資格を取得していたら、もっとスムーズに選考が進んだかも、というのがあります。

プロエンジニア 利用者の声より

このような体験談もあるので、この制度を活用して資格取得をしましょう。

もちろん、取得に向けた勉強方法まで教えてもらえます!

9割の受講者は文系

とんどの人が文系で全くのIT未経験にも関わらず、就職率は98%です。

「IT業界」「エンジニア」という何となく理系っぽい言葉というだけで「自分にはできるわけがない」と諦めてしまうのはもったいないです。

僕も高校時代に数学10点も取れなかったほどのド文系でしたが、何の問題もなく自信を持って働くことができるようになってきます。

今、この瞬間から「あれ、自分でもやれるかも」という思考へ切り替えてみましょう!

エンジニアカレッジは、内定まで就職サポート!

~3か月の時間をLinuxサーバの学習だけに割くわけではありません。研修を受けながらIT研修が完了した直後から開始される企業面接の準備も進めていきます。

履歴書/職務経歴書の作成は、自分一人で悩む必要なし

もし、大学生の頃に新卒で就職活動を経験したことがある方は分かると思いますが、この選考書類を完成させるまでの過程がとても大変なんですよね・・・。

自己PRで書かなければいけない自分の強み、弱みや志望動機は、考えただけで頭が痛くなるという人は多いと思います。自分の過去や経験を真面目に振り返るのは意外と強ストレス。

そこで、”キャリアアドバイザー”の出番です。IT企業への就職専門の助っ人がマンツーマンでついてくれて書類作成の補助をしてくれます。自分の事を上手く表現できない場合は、遠慮なく相談してみてください。

企業にウケが良いように、かつ無理のない表現を一緒に考えてくれます。

エンジニアカレッジ まとめ

  • サーバ分野を深く追求したカリキュラム
  • サーバ実機構築を経験し、就職を有利にできる
  • 資格受験料まで全額負担してくれる
  • ほぼ全員が未経験からスタートして就職まで成功

エンジニアカレッジの研修にはこのような特徴があります。

授業があるおかげで通学するだけで自動的に学習のペースが作られますし、平日5日間コースであれば他受講者との良い意味での競争意識も生まれ、それがモチベーションにもつながる仕組みになっています

会社に依存しなくてもいい、自分の力だけで食っていけるような力を手に入れることができるのがエンジニアの魅力。

早く始めれば始めるほど他の「まだ始めていない人」に差をつけることができます

🔻1分で簡単!

≫ 無料でまずは登録してみる

もっと知ろう!