新型コロナ対策による変更点について

5/25に東京の緊急事態宣言が解除された後も、プログラマカレッジ/エンジニアカレッジの説明会/研修は引き続きオンラインで自宅から参加する体制になっています。

【新型コロナ対応】変更点のまとめ

無料IT研修

無料サポート内容の全て【まとめ】

proengineer/プロエンジニアは無料

一般的に、IT系未経験からエンジニアとして就職するには2つの壁があります。

  1. 技術的な知識、実力を身に付けなければいけないこと
  2. 企業面接で合格しなければいけないこと

これら両方を一人きりで対策することは時間と労力がかかりとても大変ですよね。

技術的素養があったとしても一人では企業面接の対策が難しい。面接を得意とする人でも技術的素養が無ければ門前払いをくらってしまう。

一般的な有料ITスクールでは技術的な勉強をするだけで面接の対策が出来ません。

そんななか、この「ITスキル」「就職活動」の2つの壁を同時に乗り越えるサポートをしてくれるITスクールがあります。

それが当サイトで紹介している、プロエンジニア/ProEngineerの「プログラマカレッジ」「エンジニアカレッジ」という完全無料のITスクール

本記事では、プログラマカレッジ/エンジニアカレッジを受講することで受けられる「無料サポート」がどんなのものかをまとめてみました。

実際に僕が受講・卒業し就職した体験をもとにしているのでぜひ参考にしてください。

🔻公式サイトへ

プログラマカレッジを見る ≫

エンジニアカレッジを見る ≫

▼プログラマカレッジとエンジニアカレッジの違いがよく分からない方は先に以下をどうぞ。

プログラマカレッジとエンジニアカレッジの違い
プログラマカレッジとエンジニアカレッジの違い【まとめ】「プログラマカレッジ」と「エンジニアカレッジ」の2つのIT研修サービスがどう違うのか?を簡潔にまとめています。公式サイトですら似通っていて未経験の方には難しいのではないかと感じたためです。特にこの2つを混同して書いているサイトには注意しましょう。...

ProEngineer無料サポート①:IT研修

2020年3月より新型コロナウイルス対策としてオンライン受講となっています。以下画像にあるような教室通学は現在ありません。
無料のプログラマカレッジJava解説の様子
プログラマカレッジの疑問質問半蔵門にある教室
プログラマカレッジ体験談PC完備。持ち込みPCもOK。
プログラマカレッジの体験談/口コミ半蔵門にある教室(2ヶ月目以降)

時間をかけてしっかりとIT技術を学びます。

プログラマカレッジでは1~6ヶ月のプログラミング研修 + 1ヶ月の就職活動でプログラマを目指します。

エンジニアカレッジでは1~3ヶ月のネットワーク&サーバ研修 + 1ヶ月の就職活動でインフラエンジニアを目指します。

PCさえあれば動画で24時間学習可能

学習教材はインターネットでどこからでもアクセス可能です。

オンライン受講体制になっているため、「通学しないといけないのかな?」という心配無用。

“実践型”のIT研修

プログラマカレッジ、エンジニアカレッジでは、テキスト上での学習にとどまらない、実践的な学習を重視しています。

ショッピングサイトを開発する(プログラマカレッジの場合)

平日5日間コースもしくは週3夜間コースの場合、ショッピングサイトを開発がゴール。

特に、平日コースでは7〜10名のチームを組みオンライン連携で開発を進めるため、より実際の業務に近い形で体験することができます

理論だけをインプットして終わりではなくしっかりとアウトプットするので、未経験からでも「面白い。自分でもやれるかもしれない。」と自信をつけることができるカリキュラムになっているんですね。

楽しみにしていてください。

プログラマカレッジの通学形式
【受講形式】プログラマカレッジは3種類/コロナ影響の変更点も【新型コロナ対策のため通学不要】プログラマカレッジには「平日5日間コース」「週3夜間コース」「個別研修」の3種類の受講形式があります。オンライン体制化で平日働きながらでもより受講しやすくなりました。コースによって異なる受講期間、入学日など細かい違いを説明します。...

ネットワーク・サーバを実際に構築する(エンジニアカレッジの場合)

「ネットワーク」や「サーバ」と言われても、普段の生活でなかなか物理的に存在を意識することはありませんよね。

つまり、テキストだけの勉強だとどうしても「現実感がなさすぎて何をやっているのかわからない」ということになりがち。

エンジニアカレッジでは、Webサーバやメールサーバ構築、サーバまでのネットワーク経路の構築を行います。

プログラミングと違ってITインフラ系技術は概念的・あいまいで独学するのが難しいため、エンジニアカレッジで実機を使って学習をすることは、就職した後に活きてくる重要な経験になることは間違いありません。

未経験からネットワークエンジニア
エンジニアカレッジの研修内容を詳しく【実機で技術習得】ProEngineer(プロエンジニア)では「エンジニアカレッジ」という無料のITスクールを開講しています。 Linuxサーバ・ネットワークを構築する研修を受け全くの未経験からインフラエンジニアとして就職することを目的とした講座です。...

資格取得支援(エンジニアカレッジのみ)

Linux(リナックス)サーバに関する「LinuC」(リナック)という、サーバ分野では世界規模でメジャーな資格試験があります。

その受験料は16,000円オーバーととても高額

ですが、エンジニアカレッジ受講期間中にこの資格を取得することで、エンジニアカレッジが受験料を全額負担してくれます

エンジニアカレッジ自体が無料なのにさらに受験料を全額負担してくれるなんて、結果的に無料どころかむしろ受講者側がお金をもらっているようなもの。

もちろん、LinuC合格までにカリキュラムも用意されているので安心してください。

ProEngineer無料サポート②:履歴書/経歴書の作成

履歴書・職務経歴書作成

「自己PR(強み/弱み)やエンジニアになろうと思った動機を書いてください。」

そう言われてすぐに書けるでしょうか?

なかなかすぐには書けず、悩んでしまう項目ですよね。

書類の準備を1人でやると想像以上に面倒臭くてメンタルをガリガリ削られます・・・

自分の良いところが見えなくてネガティブになってしまったり、面接でのウケばかり気にして志望動機を考えすぎてしまったり。

しかし、ここもしっかりとサポートしてくれるので安心です。

IT業界専門のキャリアアドバイザーがマンツーマンでどう書けば良いかアドバイスをくれながら、書く作業を手伝ってくれます

僕も30才プログラミング経験ゼロでの転職だったので、この作成補助がどれだけ就職を楽なものにしてくれたことか。声を大にして宣伝したいくらいです。

ここで時間をロスするのももったいないので、存分にカウンセラーを頼ってください。

せっかくどれだけ使い倒しても無料なので、利用しない手はありません。

ProEngineer無料サポート③:企業面接対策

模擬面接・面接対策

「面接、どんなことを聞かれるか分からなくて不安だ…」
「しっかりと喋れるかな…」

企業の選考面接時は、誰もがそう思うはず。

ですがここも安心してください。

  • 「過去にこの会社で先輩受講生たちがされた質問はコレです」というところまで準備してくれる
  • 実際の面接を想定した1対1の模擬面接を、慣れるまで繰り返しおこなってくれる

面接は結局慣れの問題。なんども練習につきあってくれるので、「面接で喋るなんて無理だ…」という人でも大丈夫です。

ProEngineerの無料サポートまとめ

  1. 学習して実践するIT研修
  2. 手間のかかる履歴書・職務経歴書の作成支援
  3. 本番前の面接対策

ITスクールで技術だけ習って終わりではなく内定獲得まで全力でサポートしてくれるため、既卒フリーターニート、そんなの関係なく対等なエンジニアとしてのキャリアをスタートさせることが可能です。

実務に活かせるITスキルを身につけて稼げるエンジニアを目指してみたい。

そんなふうに感じているかたは、次はオンライン説明会へ参加して話を聞いてみてください。

まずは無料登録→オンライン説明会へ

あとは説明会に参加してみて、あなたがプログラマカレッジ/エンジニアカレッジについてどう感じるかですね。

現在は、新型コロナ対策のため説明会はオンライン参加できます。わざわざ教室へ出向く手間がかかりません。

とはいえ、説明会の日程が分からないことには始まらないので、

  1. 公式サイトから無料登録する
  2. とりあえず説明会の日程案内の返信を待つ
  3. 都合の良い日程で予約してみる

という流れでまずは行動してみてください。

もしくは、今すぐ確認したいことがある場合は公式サイトの登録フォームにある自由記入欄から質問してみるのが早いです。

プログラマカレッジの登録フォーム

登録フォームを送ったからといって受講の強制はない(申し込みはまた別)ので気軽にどうぞ。

🔻公式サイトへ

無料登録⇒プログラマカレッジ

無料登録⇒エンジニアカレッジ

プログラマカレッジ公式サイトへ >>
無料でまずは登録してみる
\まずは説明会の日程を確認/
無料で登録してみる