無料IT研修

【Java/PHPがトップ】プログラミング言語の需要ランキング

プログラミング言語人気ランキング
プログラミングの勉強を始めたいけど、言語がたくさんある…。どの言語から手をつけるのが良いんだろう?

本記事は、そんなあなたの悩みを解消していきます。

結論から言うとJava・PHPから始めてみようです。

IT業界に特化した人材会社の「レバテックキャリア」が、プログラミング言語別の求人割合ランキング2019年版を発表しました。

JavaとPHPが圧倒的にツートップ、という結果です。以下、発表結果を転載。

引用: プログラミング言語別求人ランキング【2019年6月発表】

プログラミング言語は数えきれないほどある中、Java、PHPで求人全体の46%を占めていることになりますね。

当サイトで紹介している「プログラマカレッジ」では、このJava・PHPを完全無料で学習できて就職サポートまでマンツーマンでやってくれます。僕も実際に通学し卒業しました。

なぜJavaが人気?

Javaが拡大している要因としては、近年注目されているスマホ決済サービスやブロックチェーン業界における人材の需要が高まっていることが挙げられます。

引用: プログラミング言語別求人ランキング【2019年6月発表】

Javaには処理速度が早い、セキュリティ的な信頼性が高い、というメリットがあるので、リアルタイム性、セキュリティの高さが絶対要件となる現代最先端をゆくオンライン決済技術、ブロックチェーン技術で重宝される、ということだと思います。

最近は「Apple Pay」「LINE Pay」などオンライン決済アプリが目まぐるしく登場していますよね。

また2017年末くらいから「ビットコイン」をキーワードに、ブロックチェーン技術が世界中から注目されていることは知っている方は多いはず。

ちなみに、Googleが社内標準言語として使われるいわゆる「Google3大言語」にもJavaが含まれていることも有名な話ですね(Java, C#, Python)。

Java, PHPはプログラマカレッジで学習するメイン言語

繰り返しになりますが、僕が卒業したプログラマカレッジではこれらJava、PHPを完全無料で学習できます

5位にランクインしているJavaScriptもしっかりとカリキュラムに含まれているもポイントですね。

Javaを学習すれば他言語の学習が楽になる

実際にプログラマカレッジでJavaを学習して一番感じることは、以下2点あります。

  1. 他の言語に応用が効く実感がある
  2. 他の言語の学習が簡単に感じる

就職後はRuby、Pythonと学習の幅を広げていますが、他言語の学習を始めると必ず

あれ、これJavaとほとんど一緒じゃん?
あれ、これJavaより決まり事少なくてめっちゃ楽じゃん?

と思うことが多く、Javaを学習するメリットをありありと実感しました。

僕は入社後、PHPとJavaScriptを使って自社開発をしています。

まとめ:Java/PHPからスタートしよう

未経験からプログラマになることを目指すなら、

プログラマカレッジでJava、PHPを学習して就職までサポートしてもらう

という選択肢はかなり堅実でおススメです。

言語自体の需要・先進性が明らかで、なんせプログラマカレッジは他スクールと違い途中辞退による違約金もない完全無料なので。

登録には1分とかからず、あとは返信を待つだけです。

興味を持って情報を集めている、今こそ行動する時。鉄は熱いうちに打ちましょう!

🔻プログラマカレッジ

≫ 無料でまずは登録してみる

もっと知ろう!