新型コロナ対策による変更点について

5/25に東京の緊急事態宣言が解除されましたが、プログラマカレッジ/エンジニアカレッジの説明会/研修は、引き続きオンラインで自宅から参加できるようになっています。

【新型コロナ対応】変更点のまとめ

無料IT研修

【オンライン】就職支援ありプログラミングスクール!地方受講もOK!

プロエンジニアの地方受講
  • 通学せずに、今住む場所からオンラインでプログラミングスクールを受講したい
  • 上京はできないので、今住んでいる近場でエンジニア就活がしたい

そんな希望を持ちつつ情報集めをしている方へ、オンライン完結型=通学不要のプログラミングスクールである、

TechAcademy(テックアカデミー)をおススメします。

日本全国どこに住んでいてもパソコンがインターネットにさえ繋がればOK。

プログラミングスクールは日本全国数多くありますが、プログラミング学習、就職サポートまでオンラインで全て完結するというのは他にはない画期的なサービスです。

オンライン完結!TechAcademy 学習面の特徴

  1. 様々なプログラミングコースがある
  2. 学習期間/価格を選択できる
  3. 現役エンジニアによるオンラインサポート

様々なプログラミングコースがある

あなたの志向に合わせたコースを選び、そのコースに沿った就職先を見つけることができます。

無料スクールでは、Javaがメインという決めがあるところが多いですが、TechAcademyならそんな縛りはありません。

TechAcademyのコース
  • Webアプリケーションコース(Ruby on Rails)
  • PHP/Laravelコース
  • Pythonコース
  • フロントエンドコース
  • WordPressコース
  • iPhoneアプリコース
  • Androidアプリコース
  • Unityコース
  • Javaエンジニアコース
  • ブロックチェーンコース
  • Node.jsコース
  • Scalaコース…など他多数
コース一覧を見てみる ≫

 

スマホアプリを開発してみたければ、iPhoneアプリコースを、AIに興味があればPythonコース、WebアプリケーションならRuby on RailsやPHP/Laravelのコース、など自由に選ぶことができます。

これら全てをあなたの今いる場所で学習サポートを受けられる、というのが大きな魅力です。

また、TechAcademyは”オンライン”にこだわりを持ったプログラミングスクールとしてもっとも有名なので、無駄のない効率的なカリキュラムの実績と信頼度は抜群です!

受講期間/価格が選択できる

地方OKのプログラミングスクール

各プログラミングコースで、4週間・8週間・12週間と期間が選べるようになっています。コースによっては、16週間コースもあります。

  • 1ヶ月短期間で集中して受講料も抑える
  • 2、3ヶ月かけてじっくり教わる

といったように、状況に応じて選択できる余地があるのが良いですね。

挫折を防ぐ!メンターによるオンラインサポート

  1. 週2回のビデオチャットで現役エンジニアへ相談可能
  2. チャットで質問し放題
  3. 回数無制限の課題レビュー

メンターという学習サポート担当(=講師)がついてくれて、こういったサポートをオンラインで受けることができます。

ベテラン現役エンジニアのメンターの方たち

オンラインプログラミングコースでよくありがちな”情報系大学生アルバイト”ではなく、現役で活躍するエンジニアをメンターとして配置してくれるのはとても価値あることですね。

以下は、Javaコースの例です。

開発歴20年、書籍を出版している等ガチな経験を積んでいるエンジニアにサポートしてもらうことができます。

テックアカデミーキャリア 地方・プログラマカレッジ

引用:TechAcademy Javaコース

TechAcademy 就職活動面での特徴

  1. スカウト型の就活サービスが利用できる
  2. 自分で企業を探して就活もOK

スカウト型の就活:TechAcademyキャリア

TechAcademy受講生限定で、「TechAcademyキャリア」という就職サポートサービスが利用できます。

TechAcademyキャリア最大の特徴は、就職活動が「学習を進めながらスカウトを待つスタイル」であるという点。

TechAcademyキャリアの就活サポート

普通ならこちらから選考を受ける企業へ応募することで就活を進めますが、TechAcademyキャリアでは逆に企業からスカウトがかかることになるんですね。

もしあなたが職歴ありの転職組の場合は過去の経歴まで企業が確認した上で面接オファーが届くため、経歴を生かした思いがけないポストをゲットできる可能性もあります

独自に就活もOK

TechAcademyキャリアを利用するだけではなく、転職サイトなどを利用し自分で就活することもできます。

紹介される企業だけだと不安。自分でも企業を探して選考を受けてみたい。

このような希望がある方でも、安心して受講することができますね。

「スクールが提携している企業へ就職することになります」と限定しているプログラミングスクールは多いですが、TechAcademyはその点親切なサービスになっています。

1週間の無料体験ができる

オンライン完結のプログラミングスクール

プログラミングスクールでは無料体験があるのが常識ですが、教室に行って半日程度受けてみるのがよくあるパターン。

ですが、TechAcademyの無料体験は、オンラインカリキュラムを使いつつ、チャットサポートもありつつ、1週間ものあいだ学習することができます。

本講座を受けているのと同じフローで学習体験ができるので、

オンラインで完結する学習スタイルってどんな感じになるんだろう?

という疑問・不安はこの無料体験で解消しましょう!

TechAcademyの注意点

申込み締め切り日が設定されている

全てのコースが、申し込み締め切りと受講開始日が指定されています。

地方で受講できるオンラインプログラミングスクール

約1, 2週間おき、月に2〜4回ほどの間隔で講座開始となるようです。

自分の都合の良い日程で受講開始ができるわけではないので、注意してください。

地方受講OKなTechAcademyのまとめ

  1. オンライン完結のプログラミング研修
  2. 色々なコースがあり、受講期間/価格を選べる
  3. ベテラン現役エンジニアによるビデオ/チャット相談
  4. スカウト型就活サービス「TechAcademyキャリア」を利用可能

TechAcademyを使えば、プログラミング学習は好きな時間に好きな場所で可能です

就活を進めるなら、TechAcademyキャリアへ登録して待ってればとりあえずOK。

学習が進み、Webアプリ制作で自信がつけば、リクルート等転職サイト等へ自分で登録し就活を進めるのもアリです。

とはいえ、TechAcademyの本講座は安くても4週間コースで10万円から。決して気軽にポンと出せる金額ではありませんよね。

「本当に受講する価値のあるサポートか」をあなた自身で判断できるよう、まずは無料でカリキュラムを受けられる「無料体験」への登録をおススメします

無料体験への登録のしかた【30秒で終わる】

TechAcademy無料体験登録ページ ≫へアクセスすると以下フォームが表示されるので、名前とメールアドレスを入力して「勉強を始める」を押すだけです。

とても簡単ですね。

まずは簡単でハードルの低いステップから、進めていきましょう!

無料体験登録ページからは(なぜか)TechAcademyの他ページへ飛べるリンクがどこにもないので、まずトップページから見たい方はこちら↓からどうぞ。

TechAcademy公式サイトへ ≫