体験談/口コミ

TECH::EXPERTは高すぎるのでプログラマカレッジを選んだ話

テックエキスパートとプログラマカレッジの比較

僕は、プログラミング未経験からプログラマとして就職をするための拠点としてインターノウス社のプログラマカレッジを選択し、受講しました。

ですが一時期「TECH::EXPERT/テックエキスパート」という有料プログラミングスクールも選択肢として迷ったことがあります。

なぜ僕がTECH::EXPERTではなくプログラマカレッジを選んだのか

そのあたりを同じように悩んでいる方の参考になればと思い記事にしました。

TECH::EXPERTではなくプログラマカレッジを選んだ理由
  1. TECH::EXPERTは高すぎた。プログラマカレッジは完全無料
  2. TECH::EXPERTは高額だけに、”悪評”が気になった
  3. プログラマカレッジは、有料スクール卒業生の就職支援もしている

TECH::EXPERT高すぎ。プログラマカレッジは無料

本ブログ内のいたるところで書いていることですが、とにかくプログラマカレッジは「無料である」ということを考えるとプログラミング学習のカリキュラムや就職活動サポートの充実ぶりが驚きであるほどのクオリティでした。

プログラマカレッジは、卒業生エンジニアを採用した企業からお金をもらうことで受講無料となる仕組みです。

途中辞退による違約金もゼロ、一切ありません。

かたやTECH::EXPERTの受講価格(税込)は、2019年10月時点で以下のようになります。

  1. 10週間 短期集中コース:657,800円
  2. 半年夜間コース:877,800円

・・・

・・・・・・ちょっと高すぎましたね。。

僕が受講を考えていた2018年9月当時は、10週間コースで429,840円(税込)だったのですが、1年もしないうちに約23万円も値上げがされています。。

こんな短期間にこれほどの値上げってちょっと他にないんじゃないでしょうか。

正直言ってしまうとこのお金の問題が一番大きな決定要因で、「こんなに払う余裕がなかったのでプログラマカレッジで頑張ろうと決めた」という感じです。

高い=良いクオリティ、というわけではなさそうだった

これも結局は「受講価格が高い」ということが関係するのですが、受講前に色々評判を調べるうちに「高い受講料に質が見合ってないんじゃないの」という点が気になってきました。

よく見聞きしていたテックエキスパートの評判

  1. TECH::EXPERTを卒業した人 or 実務未経験者が講師になることが多く、講師の質がバラバラ
  2. 受講生の数に対して講師の対応が間に合ってない

最近では、よりこの傾向が強くなっているようです。

例えば、以下のような求人がずっと出続けていたりします。

プログラマカレッジとテックエキスパートwantedlyに掲載されている求人より

受講生は毎月増加していく中で、プログラミングを教えるメンター(講師)をさらに増やしていく方針です。

お金を払い、受講を始めてから「開発経験を積んだエンジニアが教えてくれるんじゃないのか・・・」と気付いて不満を覚える人がいそう

また、②の「講師の対応追いついてなくない?」という評判に関しては、TECH::EXPERTが選抜制度ではなくなったことからこの流れは加速していそうな気がします。

実はTECH::EXPERTは2019年4月ごろまで「受講前に書類&面談による選考」がありました。

テックエキスパートとプログラマカレッジの比較2019年4月頃までの受講条件。結構面倒だった

今ではそれがなくなり、申し込むだけで誰でも受講できるようになっています。

が、そうなると受講生が増えるのは目に見えているはずですが、どうやら受講料の値上げはクオリティ向上まで回ってないようです。

最近だとこの辺りも加味した体験談が出てきています。

これを見たら常駐してるメンターに質問し放題って思いますよね? 私もそう思いました。しかしTECH::EXPERTはカリキュラムが基礎と応用に分かれてますが、応用編に突入すると…

教室にいるメンターに質問出来ません!!

正直これは一番ビックリしました。

しかも応用編に入ったほうがやることが多く質問したいことがたくさん出てきます。

じゃあどうやって聞くって?オンラインで聞くしかないのです…

しかもこのオンラインは聞きたいときに限って全員通話中だったり、人数もそんなに確保されてないです。

引用:TECH::EXPERT(テックエキスパート)に通う前に知ってほしい事(入学後編)

「65万円から85万円を払ってもらいます。でも質問したくてもできないかもしれません」と言われているようなもの。

プログラミング未経験から学習スタートする身からするとちょっと不安な内容ではないでしょうか?

プログラマカレッジは、有料スクールの就職支援までしている

あまり知られていないことだと思うのですが、プログラマカレッジは有料プログラミングスクールから委託を受けて就職活動サポートもしているんですね。

TechAcademy卒業生のお話。

ITエンジニアの就職に強いという事でTechAcademyからインターノウスさんを紹介して貰いました
数十社応募し、面接は7社受け、最終的に2社から内定をもらうことができました。

TechAcademy受講生 マキタさんの体験談

侍エンジニア塾卒業生のお話。

書類を全部で約20社程に送ってエントリーしたんですが、年齢からか、全部落ちてしまいました。30歳以上・未経験、というのは、難しいというのは前からわかっていたんですが、本当にきついんだな、というのを身に染みて感じましたね。
その後、インターノウスさんの転職支援を利用させてもらって、2社面接に行くことができました。

侍エンジニア塾受講生 ヨコオさんの体験談

どちらも有名プログラミングスクール界では有名どころ。

こういう支援実績もあって「ん~、やっぱりプログラマカレッジで頑張ろうかな」と後押しされた要素になりました。

結局プログラマカレッジを卒業したけど特に不満はなし

TECH::EXPERTは無料説明会までは試しに受けてみたものの、結局はお金の問題でプログラマカレッジを受講しました。

そして無料でこれなら十分良い環境じゃね?」という感想です

例えば、

  • 仕事で開発中のエンジニアが教室の隣室にいて質問できた
    → これって有料スクールより良い環境だったのでは…?
  • 普通にWeb系企業に就職できた(僕はPHP、同期の友人はRubyだったりKotlinだったり)
    → TECH::EXPERTと言うほど大きな違いってあったんだろうか…?

自分の頑張り次第でどうとでもなるんじゃないかな、と。

受講コースも平日5日間コース、週3夜間コース、個別研修コースが用意されているので、短期集中で就職したい人・働きながらでも転職したい人、自宅学習をメインにしたい人など自分の都合に合わせて選択できます。

というわけで、僕のように「そんな大金用意できそうにねーよ!」という人はプログラマカレッジで頑張れば良いと思うよ、という記事でした。

「どうしようか迷っている・・・」という方は、まずはプログラマカレッジでもTECH::EXPERTでもどちらでもいいので無料説明会へ参加してみたあとで悩んでみてください。

自分のPC/スマホを眺めながらうんうん考えていて、自分が納得いく答えは出るかというと、絶対出ません。

これから通学することになるあなた自身で動いてみた結果、どう感じるか。それが今の時点で分からないからです。

ちなみにTECH::EXPERTは「無料説明会当日に申し込みで1万円オフ!」とかいうプレッシャーをガンガンかけてくるので、まずプログラマカレッジの方から参加してみることをオススメします。

登録はフォームへ入力して送信するだけ、1分あれば終わります。

あとは返事を待つだけなので簡単ですよ!

🔻プログラマカレッジ

まずは登録だけしてみる ≫