IT未経験の方

自己分析が面倒な方必見!大変な就活はもっとラクしよう

就活が面倒なら

「エントリーシートを手書きで何十枚も?面倒くさ」

「興味もない会社説明会とか面倒くさ」

「自己分析?自分に良いとこなんて見つからんわ・・・」

「面接なんて人と喋れない俺には無理」

「そもそも何から始めていいかさっぱり分からん・・・」

これらは就活が嫌あるあるではないでしょうか。

そうなんですよね。独りで1から就活を始めようとすると大変なんです。

・・・そんなに就活が嫌なら、もっと楽をしてしまえばいいのでは?

面倒な自己分析・就活にうんざりしている。負担が軽い感じで就職はしたい」と考えている方はProEngineerの就職サポートをタダで利用して楽々エンジニアとして就職をしてしまえばいい、という提案をさせてください。

エントリーシートなんて書かなくていいし、会社説明会に行く必要もないし、自己分析も面接対策も全てプロエンジニア/ProEngineerのキャリアアドバイザーへ任せて楽をしてしまいましょう。

ほんと、新卒の就活が「異常なんじゃないか」と感じるほど省エネでかつ確実な就活が可能になります

エンジニアスキルを身に付け自由に何でもやれて、将来が明るいというオマケつき。

繰り返します。就活が嫌で二度と面倒な思いをしたくない方、プロエンジニア/ProEngineerの無料IT研修を受けてサクッとエンジニアに転身してしまいませんか!

公式サイトを見てみる

▼プログラマカレッジ 詳細はコチラ
【完全無料プログラミング研修&就活塾】

▼エンジニアカレッジ 詳細はコチラ
【完全無料Linux研修&就活塾】

ProEngineer就活支援でこんなにラクになる

空白期間があっても就職できる

ProEngineer、プログラマカレッジ、といった言葉でググって情報を集めている方のほとんどは「プログラミング研修」「サーバ研修」といった無料IT研修に目がいっているのではないでしょうか。

たしかに無料以上のクオリティでIT研修を行ってくれるのも事実なのですが、僕はIT研修を終えた後の「就活サポート」にこそプロエンジニア/ProEngineerの本領があると思っています。

受講するとあとは内定に向けてエスカレーター

自分一人だけで何か慣れないこと、不安なことを進めようとすると「ま、もうちょっと後でもいいかな」という先伸ばし、甘えが発生します。

人間、誰しも自分に甘くなるのは仕方のないことです。

でも、できればそんな先延ばし、甘えは断ち切りたい。そんな時はどうすればいいか。

あなたは、夏休みの最終日に宿題を一気に追い込みでやった事がありませんか?

期末テストの前日になって仕方なく詰め込み対策をやったことはありませんか?

「他者に期限を設定されること」

これがあることで、人間は仕方なくもある程度の目的意識を持って物事を進めることができるようになります。

つまり、ProEngineerのプログラマカレッジ、エンジニアカレッジを受講することで「平日は通学する」「明日課題を提出する」「職務経歴書を添削してもらう」「●日までに模擬面談を●回やってもらう」といった明確な期限が生まれます。

ある程度「やらざるを得ない状況におかれる」ということですね。

受講を始めたその日から、あなたの生活はある程度の規則性を持った”カリキュラム”となり、それに身を任せるだけで自動的に、確実に就職達成までのステップが完了していきます。

他力本願過ぎる!と思った方もいるかもしれませんが「就職してしまえばこっちのもの」です。

そういう使い方もある、ということで。

当然、未経験の方にとってプログラミングやサーバ構築の研修は簡単ではありません。しかし「外部環境からの(良い意味での)圧力」があることで学習にリズムと責任感が生まれるのは独学と大きく異なることです。

エントリーシート手書き地獄から完全解放

新卒で就活といえば1社1社エントリーシートを手書きして送付するという謎のしきたりがありますが、ProEngineerを利用すればこの必要はありません。

履歴書、職務経歴書の2枚をPCを使って仕上げるだけです。各企業ごとにそれぞれ別のものを用意することはありません。

また、「この企業の選考を受けたい」という意思をアドバイザーへ伝えるだけで応募からスケジュールの調整、全てあなたの代わりにやってくれます。

これだけでも、めちゃくちゃ楽だと思いませんか?

会社説明会の面倒がない

数多くの会社説明会の予約も、行く必要もありません。

興味のある企業の情報は、キャリアアドバイザーから全て入手しましょう。

他社プログラミングスクールの就職斡旋も一手に請け負っているので、その情報網は信頼するに値します。

自己分析はアドバイザーに任せろ

自分の良いところや志望動機なんて上手く書けないし面接で喋るなんてもってのほか。そう僕は強く悩んでいました。

優れた点は特にないと思い込んでいる自分と向き合わなければいけない自己分析は、想像以上にストレスなんですよね。

でも、ツライのは一人でやろうとした場合だけです。

ProEngineerのプログラマカレッジ、エンジニアカレッジを利用するからには、キャリアアドバイザーから自己分析のテクニックを教えてもらいましょう。

例え職歴、学歴がなくても、性格が内気でシャイで人見知りでもそんなのは関係ないです

百戦錬磨のアドバイザーにかかれば、「モノは言いよう」という名のテクニックを伝授してくれます。

志望動機もそれっぽく話せれば100%本当でなくても構いません。

これらは、就活エージェントを利用した僕の実体験です。

面接対策もアドバイザーに任せろ

面接は、結局は「慣れ」

最初は誰しもが緊張し、嫌な気分になるものですが、ここは何度も何度も繰り返す「模擬面接」が力を発揮します。

むしろ、実体験としてはこの模擬面談は本番より厳しく行われます。本番がより簡単に感じるようにですね。

新卒就活では、模擬面接を誰かがやってくれる機会なんてそうそうないのではないでしょうか。それこそ、自分から先輩や友人に積極的に働きかけない限りは。

でも、ProEngineerの研修を受講することで、「嫌だと言っても」この模擬面接はサービスとしてついてきます。ぜひ、使い倒してください。

まずは無料の説明会を聞いてみよう

無料説明会

ここまで、とにかく就職エージェントのことを褒めちぎりましたが、いくらプロエンジニア/ProEngineerは良い評判が多いとはいえ、「所詮は他人の感想」程度に受け止めておく必要はあるかと思います。

結局は、「あなた自身」がどう感じるかは、あなたにしか分からないので。

説明会で雰囲気を感じてみてください。自分には合わない、もしくはIT業界の話を実際に聞いてみて業界自体が合わなそうだと分かれば、それはそれで前進したことになります。

話を聞いた結果、ワクワクしてくるようであれば、もう突き進むだけです!

以下リンク先の本家サイトから、説明会への申し込みはあっさりと終わりますよ。

※プログラマカレッジと、エンジニアカレッジでは申し込み先のサイトが別になっていて、とても良く似ているので、間違えないようにブックマークをおススメします。

公式サイトを見てみる

未経験から就職年間300名、安心の実績!
↓まずは無料体験で雰囲気を体感↓

▼プログラマカレッジ 詳細はコチラ
【完全無料プログラミング研修&就活塾】

▼エンジニアカレッジ 詳細はコチラ
【完全無料Linux研修&就活塾】

▼そもそもプログラマカレッジとエンジニアカレッジと聞いても違いが分からない方へ

プログラマカレッジとエンジニアカレッジの違い
プログラマカレッジとエンジニアカレッジの違いは?「プログラマカレッジ」と「エンジニアカレッジ」の2つのIT研修サービスがどう違うのか?を簡潔にまとめています。公式サイトですら似通っていて未経験の方には難しいのではないかと感じたためです。特にこの2つを混同して書いているサイトには注意しましょう。...

▼ProEngineerの評判まとめを一気読みするにはコチラ

プロエンジニアの体験談【総まとめ】プロエンジニアについてのリアルな体験談は、受講を検討しているあなたにとってとても重要なものだと思います。 当ブログでは僕が実際に受...
もっと知ろう!
プログラマカレッジと文系 IT未経験の方

文系でもプログラマ/エンジニアカレッジは必ず就職できる環境

1月 8, 2018
プロエンジニア/ProEngineer!評判の無料ITスクール徹底解説【決定版】
エンジニア、という単語からは多くの人が無意識のうちに「文系は無理」と結びつけるのではないでしょうか。 文系の学部を卒業した僕も当初はI …
営業からプログラマへ転職 IT未経験の方

営業からプログラマに転職ならプログラマカレッジに通う方法が安心

7月 24, 2018
プロエンジニア/ProEngineer!評判の無料ITスクール徹底解説【決定版】
売上(ノルマ)という数字と戦う毎日に疲弊してばかり。 数字を追った先に自分に残るモノは何なのか。考えると漠然とした不安に襲われる。  …