IT未経験の方

ニート/フリーターの方へプログラマカレッジを勧めるワケ

既卒ニートフリーター

何としても、人生一発逆転してあの人をぎゃふんと言わせたい

そんな野心を少しでも心のどこかに持ったことのある方は、ITエンジニアになることを人生の選択肢に加えてみてください。

普通のサラリーマンになるよりも面白くて、弁護士や医者などの専門職を目指すよりもはるかに効率良く稼げる、そんな可能性を持っているのがITエンジニアです。

そして、全くの未経験からプログラミング研修を受けてエンジニアデビューを可能にしてくれるのが、ProEngineerの「プログラマカレッジ」という無料プログラミング研修。

「フリーター」「ニート」の方達にとって最強のサービスだと考えています。

そんなプログラマカレッジの以下5つの特徴について、説明していきます。

  1. ITスキルを身に付けることができる
  2. 徹底した就職サポートでラクラク就活
  3. 柔軟な受講形式
  4. 全て無料、追加料金一切なし
  5. 高スキルで高収入の「夢」

これら特徴は、全て「フリーター」「ニート」の方、つまり就職する上でハンデをかかえた方のために存在するとさえ言えます。

▼プログラマカレッジ

≫ まず公式サイトを見てみる

ニート、フリーターはプログラミングで”稼げる武器”を

卒ニート状態で就活をしなければいけなかった僕自身「社会人としてやっていくことを考えた場合、自分に武器なんてあるのか?」ということに悩みました。

というのも、僕は人と接するのが苦手で、嫌いですらありました。

バリバリのセールストークなんて絶対身に付くはずないし、リーダーシップも皆無でマネージャーとして活躍していくのも全く想像がつかない。でも「コミュニケーション能力が必須」というのが常識の世の中。

そんな状況に苦しんでいたのでした。

そんな時に就職エージェントに紹介してもらったのが「ITエンジニア」という職種。

勉強をすればするだけ現実に生きるIT技術として身についていく、自分自身に閉じた努力で「大きな武器が育つのではないか」と感じ、僕は迷いなくエンジニアの道へ進むことに決めたのでした。

一般職とエンジニアの能力比

コミュニケーション能力などは、どうしても他者との関わりの中で磨くものですので、それは程ほどにしておいて「自分は自分の土俵、ITスキルを伸ばすことに専念しよう」という考え方ができるようになりました。

それはそれでしっかりと評価される世界です。

一人で黙々と取り組むだけでスキルが伸びていく世界とか、最高じゃないですか?

僕はプログラマカレッジを卒業してからはPHPをメインで開発をしていますが、一日中ほとんど誰とも喋らずに、ひたすらググりつつ本を読みつつコードを書く、という日々を繰り返しています。

人と話すことが仕事ではなくプログラムを作ることが仕事なので、エンジニアなら「ITスキル」という評価基準があるので問題ないのです。

ちなみに僕が既卒時に利用した就職エージェントでは、ITエンジニアの職を「紹介してもらうだけ」だったので就職前にITスキルを身に付けることはできませんでした。

ProEngineerのプログラマカレッジを利用すれば、就職前にしっかりとプログラミングなどのIT技術基礎を身に付けてからエンジニアとして就職することができます

プログラマカレッジは就職活動のフォローが半端ない

ログラミング研修などのIT技術研修にフォーカスされがちですが、プログラマカレッジの無料プログラミング研修の本当の売りは、「就職サポート」がとても強力な点です。

プログラミング研修のみならず、IT企業への内定まで徹底的にサポートしてくれます。

空白期間が気になる・・・

フリーターやニートの人は、履歴書の空白期間が気になる人がいるのではないでしょうか。

私も大学卒業後の1年間ダラダラと生活していた空白期間があったので、それだけでもう就活なんて上手く行くわけがないと思い込んでいました。

しかし、そもそもの話になりますが、IT業界自体が未経験採用に非常に積極的なので、空白期間は大きなハンデになりません。職歴、学歴は関係ないと言って差し支えないと思います。

また、プロエンジニア/ProEngineerの営業力のおかげで、採用する側の企業も「プログラマカレッジでITスキルの基礎を身につけてきたから”ある程度は”安心」と考えてくれます。

ざっくりと表現してしまうと下図のイメージです。

ProEngineerの信頼

プログラマカレッジのカリキュラムに加えて就活サポートがあることで、一人では戦う事が困難な土俵に上がることが可能となります。

プログラマカレッジ受講生は、そのほとんどが全くの未経験スタートにも関わらず就職率が「96.2%」と非常に高いのもサポートがあるおかげ。

自己PRなんて書けるわけない・・・

あなたの強み・アピールポイントを書いてください。

と聞かれてすぐに書くことができるでしょうか?ほとんどの人はこの「自己PR」を苦手とするはずです。

むしろ「恐怖感」にも似た感情すら湧き上がってくるのではないでしょうか?

空白期間があるとネガティブになりがちなのでより難しく、ときには苦痛にすら感じるはず。僕も自分の弱みばかりポンポン思いついては自信を無くしたものです。

でも、プログラマカレッジを利用することで専属キャリアアドバイザーがついてくれるんですね。あなたのこれまでの人生をどう過ごしたか、これからどうしたいかをヒアリングしてくれます。

それをうけて「どう無理なく自分自身の強み弱みを表現するか」を一緒に考えてくれます。

というか「じゃあこうこうこうやって書きましょう」と言われるがままに書いていけばいつの間にかイイ感じの経歴書が出来上がっているイメージで大丈夫。

それくらい、書類作成系のタスクは頼りになります。

面接なんて無理に決まってる・・・

5歳既卒で企業面接をしたことが1度もなかった僕は「面接恐怖症」といっても良いくらい絶対にやりたくないと思っていました。

ProEngineerのキャリアアドバイザーさん達は、各企業が面接でどういった点を見ているか、どんな質問をしてくる傾向にあるかなど把握しているので、あなたが面接希望する企業に合わせた面接対策をしてくれます。

アドバイザーが面接官役で模擬面接までやってくれるので、対策は万全です。

「企業面接が怖くて自分には無理だ」と思う人でも、安心してください。

就活サポートのおかげでツラくなりがちな既卒ニートフリーターの就活から解放される。

▼1分ですぐ完了!

まず無料登録だけしてみる ≫

自分の都合に合わせたコースを受講できる

アルバイトは続けないといけない・・・

間的な制限があって通学できない、そんな人でも夜間や土日など自分の都合の良い時間帯を相談して通うことができます。

たとえ週5で働いている社会人でも学習できるよう柔軟な受講形式が準備されているので安心してください。

具体的な受講形式については下記記事でまとめました。

プログラマカレッジの通学形式
【受講形式】プログラマカレッジは3種類/あなたに合うコースは?プログラマカレッジには「平日5日間コース」「週3夜間コース」「個別研修」の3種類の受講形式があります。平日働きながらでも、週3夜間コースか個別研修で受講可能。受講形式によって期間や研修場所、学習内容が異なる点に注意しましょう。どの時間があなたに合うか、参考にしてください!...

集団が苦手・・・

日週5で通える時間はあるけど、他の受講生と一緒になって授業を受けたりチームを組んで作業をするのはできれば避けたい・・・。

そういった人でも完全に個人で進める「週3夜間コース」や「個別研修」という講師とマンツーマンで授業を進めることができるコースがあります。

完全に無料

お金がない。

既卒、第二新卒、フリーター、ニートの多くのかたは、この悩みを持っているでしょう。

プログラミング講座だけでなく、入社までの就職サポートを全て無料で利用できるという点が結局は一番大きなメリットではないでしょうか。

普通、プログラミングスクールに通って就職しようとすると30万から80万は必要になります。

プログラマカレッジは途中で課金されることは絶対にありませんし、受講を途中で辞めても料金を請求されることはありませんし、最初に保証金を預ける必要もありません。

そういった意味で、利用者はノーリスクでエンジニアになることにチャレンジできるんです

普通のサラリーマンの倍以上稼げる可能性

ProEngineerのプログラマカレッジからIT企業へ就職し、1年間の実務経験を積むことで“フリーランスエンジニアとして独立する”という選択肢が生まれます。

すると、2年目から月40万円以上の収入を得ることも可能です。あなたが今25才であれば、26,27才になる頃には、ということです。

フリーター、ニートというステータスは一般的には「ハンデ」と考えられているのかもしれませんが、エンジニアとしてキャリアをスタートさせればそんなの関係ありません。

高スキル、高給取りエンジニアになって、あなたの周りの人間を驚かせてやりましょう。

金銭的な余裕がなくても、”ハンデ”を抱えていても、プログラマカレッジから大逆転が狙える。

頭の出来なんて関係ない。ただ習慣が身についてないだけ

人間の脳みそに性能差なんてありません。「頭の良い悪い」は関係なくて、ただ「習慣」の問題です。

プログラミング学習において重要な習慣とは「学習を継続すること」。

自分の意思だけで新しいことを継続するのは難しいですが、プログラマカレッジなら「とりあえず参加してみるだけ」であとは「とにかくやるっきゃない状況」を作り出し継続することができます

プログラマカレッジは平日コースなら平日毎日、夜間コースでも週3回は通学する必要があるので「ついサボっちゃう」なんて人でも “始めさえすれば” 学習が継続できます。

周りに勉強している人がいる環境なので「自分もやらなきゃな」というメンタルになります。講師が付いているので「どうせ分からないだろう」なんて心配も捨てましょう。

ここまで読んでくれているあなたは「これから人生変えたい」と心のどこかで考えているはず。

プログラマカレッジの環境を上手く利用して変わるキッカケにしてみてください。始めさえすれば、あとは勝手に習慣・結果が付いてきます。

やるか、やらないか。それだけです。

始めてみない限りは、何も変わりません。

まずは無料説明会に参加してみよう

歴も自信もお金もない・・・そんな方でも「やれるかも」と思えるようにしてくれるプログラミングスクールです。

リスクゼロの”お試し感覚”で受講スタートできるのは、ありがたいですよね。

ただ、いきなり受講の申し込みをするのは気が引けると思うので、まずは説明会を受けてみることをおススメします。

私自身も参加しましたが、疑問や不安などを聞いてくれるので説明会というよりは相談会という感じでした。

無料体験プログラマカレッジ 公式サイトより

無料説明会のみならず、無料プログラミング体験も受けることができます!

これを受ければ、受講するにあたって信頼できるか、東京の半蔵門にある教室の実際の印象/雰囲気はどうかがハッキリ体感できます。

動くなら早い方が良いのは間違いありません!

未経験からでもOKとはいえ経験がモノをいう世界なので、今後1日2日と迷っている暇がもったいないです。

今すぐ、行動してみるのみ!

1分で簡単に完了!

無料でまずは登録してみる ≫

プログラマカレッジの無料体験
【無料体験レポ】プログラマカレッジの雰囲気を申込前に体感できる!Proengineer/プログラマカレッジの無料プログラミング体験の参加レビュー!プログラミング体験からプログラマカレッジやIT業界の説明など、未経験者の方にとっては有意義な時間になること間違いなしです!...